WordPressの固定ページや404ページでアドセンス広告を非表示にする

WordPress

コンテンツがないページにアドセンス広告はNG

サイトやブログに、Googleアドセンスの広告を表示させていると、「固定ページ」や「404ページ」「検索結果ページ」にも広告が表示されてしまいます。

そういったページにGoogleアドセンスの広告を表示していると、コンテンツがないページ、価値のないページに広告を表示しているということになり、Googleアドセンスのポリシー違反になる恐れがあります。

そのため、コンテンツがないページ、価値のないページでは、Googleアドセンスの広告を非表示にしておきましょう。

Widget Logic

WordPressのテーマによっては、テーマの設定で非表示にできるものもありますが、ここではプラグインの「Widget Logic(ウィジェットのロジック)」で非表示にする方法をご紹介します。

インストール

まず、「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」に移動します。

プラグインの検索欄に「Widget Logic」と入力し検索します。

検索結果から「Widget Logic」の「今すぐインストール」ボタンをクリックして、インストールします。

インストールし終えたら「有効化」ボタンをクリックして、「Widget Logic」を有効化します。

設定

「Widget Logic」の設定は、「ダッシュボード」→「外観」→「ウィジェット」の下にありますが、そのままの設定で構いません。

条件分岐タグ

「Widget Logic」をインストールすると、ウィジェットの画面に「ウィジェットのロジック」が追加されます。

そこに「条件分岐タグ」を設定して、特定ページの広告を非表示にします。

固定ページ

プライバシーポリシー」や「お問い合わせ」などの「固定ページ」に表示される広告を非表示にする場合は、以下の「条件分岐タグ」を設定します。

!is_page()

404ページ

404ページ」とは、ページが削除されていたり、リンク切れなどで、ユーザーがアクセスしたページが存在しない場合に、表示されるエラーページのことです。

404ページ」に表示される広告を非表示にする場合は、以下の「条件分岐タグ」を設定します。

!is_404()

検索結果ページ

検索結果ページ」に表示される広告を非表示にする場合は、以下の「条件分岐タグ」を設定します。

!is_search()

他のぺージ

他のページで広告を非表示にしたい場合は、以下の「条件分岐タグ」を設定します。

トップページ

!is_home()

投稿ページ

!is_single()

アーカイブページ

!is_archive()

カテゴリページ

!is_category()

タグページ

!is_tag()

プレビューページ

!is_preview()

スマホ・タブレット

スマホとタブレットで広告を非表示にしたい場合は、以下の「条件分岐タグ」を設定します。

!is_mobile()

複数の条件で非表示

「固定ページ」と「404ページ」で広告を非表示にしたい場合は、「条件分岐タグ」を「&&」でつなぎます。

!is_page()&&!is_404()

3つ以上「条件分岐タグ」を設定する場合も間に「&&」でつなぎます。

WordPress

Posted by aurora3