M-1グランプリ2019

お笑い

過去最高の大会かどうかは別にしても、「M-1グランプリ2019」はかなりレベルの高い大会でした。

Amazonプライムビデオで過去の大会を観れます。

優勝・ミルクボーイ

「ミルクボーイ」よかったね、優勝おめでとう。

一番笑ったし、笑い過ぎてお腹痛くなったのは「ミルクボーイ」だけだったので優勝は納得です。

一本目のネタが凄かったので二本目のネタを心配していたけど、二本目のネタも面白かった。

分かりやすいネタでテンポもいいし、なにより内海のしゃべくりがうまかった。


2位・かまいたち

「かまいたち」が優勝でもおかしくなかったですね。

3ネタ勝負なら「かまいたち」が優勝じゃないかなぁ。

それぐらいネタの幅があるから。

今回も山内らしさが全開で面白かった。

2人の掛け合いも最高でした。


3位・ぺこぱ

「ぺこぱ」は初めて観るので最初は「?」でしたが、だんだん否定しないツッコミがクセになって面白かった。

決勝に残ったのも納得です。

これから仕事バンバン増えそう。


4位・和牛

「和牛」はいつも通りの安定感のある漫才でした。

2人のうまさや、話しの展開はさすがでした。

ただ水田の滑舌の悪さが少し気になりました。

上沼さんもそこまで怒らなくても(笑)と思いながらも、熱量が足りないという指摘は確かにそういうところがあったのかなぁと。

自分は「和牛」がテレビ局に入ってくるところにレッドカーペットを敷いて花を飾って、敗者復活なのにさも主役みたいな扱いの演出に違和感があった。

上沼さんが言いたかったのは、そういうところもあるのかな。

そうだとしたら「和牛」に非は無くて、制作サイドの演出に非があるんだけど。


5位・見取り図

「見取り図」は今まで観たなかでは一番面白かった。

噛んだのが少し残念だったけど。


6位・からし蓮根

「からし蓮根」はもっと面白いネタもあるのにもったいなかったかな。

まぁ、これから、これから。


7位・オズワルド

「オズワルド」は「ミルクボーイ」の後でつらいことろがあったかな。

ネタもゆっくりめだったし、インパクトがあまりなかったかな。


8位・すゑひろがりず

「すゑひろがりず」は評価が難しいですね。

新しいといえば新しいし、コントでもよさそうだし。

お菓子の名前当ては面白かった。


9位・インディアンス

「インディアンス」は100か0か、ハマるかハマらないかが、はっきりするコンビ。

今回はレベルが高かったのでこの順位でもしょうがないか。

ハマれば、すごいんだけどなぁ。


10位・ニューヨーク

トップバッターで歌ネタでまずまずと思ってたけど、後からすごいのが出過ぎた。

あと、松ちゃんにツッコミを指摘されてからの態度が悪かったのが残念だった。


敗者復活戦

一番面白かったのは「天竺鼠」だったけど漫才としてならやっぱり「和牛」かなぁ。

ただ「和牛」が敗者復活戦で勝ち上がるのなら最初からファイナリストに残してほしかった。

あとは「ミキ」と「トム・ブラウン」がさすがファイナリスト経験者といった面白さがあったけど、期待していた「アインシュタイン」はもう一歩というところでした。

「アインシュタイン」は2人の知名度も上がってきたし、しゃべりもできるからそろそろ普通の漫才してもいいんじゃないかな。

稲ちゃんのブサイクネタ(愛情を込めて言ってます)ばかりじゃなくても、十分に面白くなると思うけど。

Posted by aurora3