LuxeritasならHTMLサイトマップを簡単に作れる

WordPress

2つのサイトマップ

サイトマップには「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」があります。

  • HTMLサイトマップ
    • Webサイト内に存在するコンテンツ(ページ)をリスト形式で整理・表示されている一覧ページのこと。
    • Webサイト内にどういったコンテンツがあるかユーザー(サイト訪問者)に分かりやすく伝え、利便性を向上させます。
      • 「HTMLサイトマップ」の設置は必須ではありません。
  • XMLサイトマップ
    • 検索エンジン(Googleなど)にWebサイトのコンテンツ内容を知らせるために用いられるもの。

LuxeritasでHTMLサイトマップを作成

WordPressで「HTMLサイトマップ」は、プラグイン(PS Auto Sitemapなど)でも作成できますが、無料のテーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」ならプラグイン不要で「HTMLサイトマップ」を簡単に作成できます。

「HTMLサイトマップ」は、「固定ページ」で作成します。

まず、「ダッシュボード」→「固定ページ」→「新規追加」で「新規固定ページ」の作成画面に移ります。

新規固定ページ」右側にある「文書」の中の「ページ属性」の「テンプレート」を「Sitemap」に変更します。

ページタイトル」を「サイトマップ」などにし、「URLスラッグ」を「sitemap」などにして投稿します。

作業はこれだけです。

たったこれだけで「HTMLサイトマップ」を作成できます。

あとは、作成した「HTMLサイトマップ」のページのリンクをメニューや、フッターなどに設置します。

自分でHTMLサイトマップを作成

「Luxeritas」で簡単に「HTMLサイトマップ」を作成できるのですが、デザインはシンプルで、カテゴリもアルファベット・50音(あいうえお)順です。

デザインがシンプル過ぎる、カテゴリが分かりづらい、プラグインを使いたくないという方は、自分で「HTMLサイトマップ」を作成してもいいと思います。

自分で「HTMLサイトマップ」を作成する場合でも、「固定ページ」で「テンプレート」を「Sitemap」に変更し「プレビュー」表示させればページのリンクをコピーできます。

ただ、自分で「HTMLサイトマップ」を作成すると、手動で管理しないといけなくなります。
(新しい記事を投稿したらリンクを追加・ページタイトルやカテゴリ名を変更したらそのつど変更など)

メリット・デメリット

「HTMLサイトマップ」作成方法の簡単なメリットとデメリットです。

作成方法メリットデメリット更新
プラグイン
(PS Auto Sitemap)
簡単に設定ができる。
デザインが選べる。
Webサイトが重くなったり、
不具合が出る可能性がある。
自動
Luxeritas作成が超簡単。デザインがシンプル。
順番がアルファベット・50音順。
自動
自分で好きに作れる。管理に手間がかかる。手動

どの方法でもメリットとデメリットがあります。

まとめると、こんな感じでしょうか。

  • プラグインでもいいならプラグインで作成。
  • WordPressのテーマが「Luxeritas」で簡単に作成したいなら「Luxeritas」で作成。
  • こだわるなら、手間がかかっても自分で作成。
  • 必須ではないのでWebサイトに設置しない。

当サイトは「Luxeritas」を使用しているので、最初は「Luxeritas」で作成した「HTMLサイトマップ」でしたが、見やすい「HTMLサイトマップ」にしたくて自分で作成しました。

WordPress

Posted by aurora3