新しいMicrosoftEdgeには隠しサーフィンゲームがある

Windows

「Chromium」ベースの新しい「Microsoft Edge」には「サーフィンゲーム」が隠されています。

アドレスバーから「edge://surf/」にアクセス

「サーフィンゲーム」をプレイするには、特定の手順を踏みロックを解除する必要がありましたが、「Microsoft Edge」のバージョン83からは、アドレスバーに「edge://surf/」と入力するだけですぐにプレイできるようになりました。

サーファーを選んで「スペースキー」を押せばゲームがスタートします。

操作は「矢印キー」または「WASDキー」で行います。

オフラインの場合に表示される画面からでもプレイできます。

ゲームモードは3つ

ゲームモードは3つあります。

  • レッツ サーフィン
    • 障害物やクラーケンを避けながら、できるだけ遠くまでサーフィンを続ける
  • タイム トライアル
    • できるだけ短い時間でコースのゴールに到達する
  • ジグザグ
    • できるだけ多くのゲートを連続してサーフィンで通り抜ける

ゲームモードの変更は画面右上にある、「ハンバーガーボタン(横3本線)」から行います。

オプション

高視認性モード」をONにすると、当たり判定のエリアが強調表示されます。

低速モード」をONにすると、ゲームの速さが遅くなります。

ChromeとVivaldiにも隠しゲームがある

Chrome

「Google Chrome」のアドレスバーに「chrome://dino/」と入力すると「ミニゲーム」がプレイできます。

「chrome://dino/」の画面でPCでは「スペースキー(↑キーでも可)」、スマホでは恐竜を「タップ」するとゲームがスタートします。

操作は、PCでは「スペースキー(↑キーでも可)」、スマホでは画面を「タップ(スワイプでも可)」でジャンプします。(PCのみ↓キーでしゃがみます)

Vivaldi

「Vivaldi」のアドレスバーに「vivaldi://network-error/-106」と入力すると「ミニゲーム」がプレイできます。

ゲームのスタートと操作方法は「Google Chrome」と同じです。

Windows

Posted by aurora3