コアサーバーの申し込み手順

レンタルサーバー

格安で高速なレンタルサーバー、「コアサーバー(CORESERVER)」の申し込み手順です。

30日間のお試し期間があるので、気軽に使用感など確かめることができます。

CORESERVER.JP(コアサーバー)お試し登録(30日間)

バリュードメインのユーザー登録

コアサーバーを利用するには、まず「バリュードメインのユーザー登録(無料)」が必要になります。(既にバリュードメインにユーザー登録済みの方は必要ありません)

Amazonアカウントをお持ちなら、Amazonのアカウントで登録することができます。

バリュードメインは、コアサーバーと同じ運営会社(GMOデジロック社)のドメインサービスです。

バリュードメインのユーザー登録をすることで、ドメインやサーバーの一括管理や支払いが可能になります。

コアサーバーのお試し登録

コアサーバーには以下のプランがあります。

  • CORE-Mini
    • シンプルな個人サイト向けのライトプラン
  • CORE-A
    • 人気があるスタンダードプラン
  • CORE-B
    • 画像や動画を多く公開したい方に最適なビジネスプラン
  • CORE-C
    • 大規模サイト向けのプレミアムプラン

コアサーバーのプランを選んで、申し込みページに進みます。

リージョン選択

リージョン(地域)」を選択します。

データの設置場所を、「東日本(東京)」と「西日本(大阪)」のどちらか選びます。

データの設置場所が違うだけで、それ以外の違いはあまりありませんが、西日本は独自IPアドレスに対応していないのでご注意ください。

独自IPアドレスについては、こちらのページをご覧ください。

※いつになるか分かりませんが、サーバー仕様のページで「リージョンの複数選択可(予定)」「東京~大阪間バックアップ可(オプション予定)」と記載されています。

共用サーバー選択

希望のアカウント名を入力して、「共用(共有)サーバー」を選択します。

共用サーバーとは、1台のサーバーを複数のユーザーで共有する形態です。 1台のサーバーの領域が複数に分けられてそれぞれにドメインが設定され、ユーザーは各領域を使用します。 一般にレンタルサーバーといえば、共用サーバーを指します。

この共用サーバーの選択が悩ましいところです。

空き数の余裕があるのを選ぶか、共用サーバーの数字の大きいほうが新しいサーバーみたいなのでそちらを選ぶか。

これがいいというものはないので、30日間のお試し期間で使用感を確かめてみてください。

※申し込む時期によって利用できる共用サーバーが違います。「西日本(大阪)」のサーバーは数が少なく、利用できないこともありますのでご注意ください。

ドメイン同時申込み(必要な方のみ)

独自ドメイン+WordPressの設定が最短1分で完了する機能があります。

コアサーバーの申し込み時に、ドメインも同時に申込むことで難しいドメインの設定と、WordPressのインストール・設置を自動で行ってくれます。

この機能を使用するには「ドメインを検索して申込む」にチェックを入れ、ドメインを検索します。

WordPressのインストールを行うには、オプションの「申込みと同時に設置する」にチェックを入れます。

URL(アドレス)にwwwを付けたい場合は、「URLにwwwを付ける」のチェックを入れます。

30日間のお試し登録をする

各項目の記入、選択ができたら「30日間のお試し登録をする」ボタンをクリックして登録します。

コアサーバーの利用を開始

登録し使用感を確かめて問題がなければ、お試し期間の30日以内に入金・購入手続きを行います。

入金・購入手続きを忘れてしまうとお試し期間以降の利用ができなくなるので、お試し期間以降も利用する場合は、忘れずに入金・購入手続きを行ってください。

月額198円から利用できる次世代レンタルサーバー